なぜ男性助産師はいないの?

男性助産師について

現在、日本には男性助産師がいないということをご存知でしょうか。しかし、海外には男性助産師は存在しています。また、日本でも看護師や保健師には男性が存在しています。では、なぜ助産師だけは男性がいないのでしょうか。

まず、現在の日本では男性は助産師の資格をとることはできません。これにはさまざまな説があると言われているのです。

分娩という特殊な行為に、異性が関わるということへの妊産婦の嫌悪感がぬぐいきれない、産婦が助産師の性別を選択することができないなどの不満を考慮して、未だ男性助産師が認められていないのではないかということです。

しかし、よく考えてみると産婦人科医には男性が多く存在しています。もちろん、出産にも関わりますし健診もします。そのことに関しては、誰も疑問に感じている人はいないでしょう。それなのに男性の助産師は認めないというのは、いささか疑問が残りますよね。

男性への職業偏見ではないかとの声も上がっているようです。近年では男性の看護師も増えています。この制度のままでは、男性看護師がいくら頑張ってキャリアを積んでステップアップを目指しても、助産師にだけはなることができないということになってしまいます。

男性看護師がどうしても助産師を目指したいのであれば、海外で活躍をするしかないのです。

現在は、男性の助産師は認められていないのですが、今後男性助産師が認められる日がくることでしょう。世の中では男性の育児への参加や育休の取得が叫ばれています。また、出産時に立ち合いを望む産婦さんも多くなっています。分娩に男性が立ち入ることが多くなってきているということです。

現代社会において、出産のお手伝いをする助産師だけが男性を認めないというのは、少しおかしな話なのではないかという意見もあるようです。男性看護師の方たちもいつか男性助産師が認めらるその日のために知識や経験、勉強を怠ることなく意欲と向上心を燃やし続けなければいけませんね。

↑ PAGE TOP