保健師の求人│保健師の昇進・役職の有無は職場次第

保健師の求人と待遇 - 保健師に昇進はあるのか?

保健師は専門性の高い職業で、一般職よりも年収なども高めになる傾向があります。その反面、専門性の高い仕事だからこそある特徴もあります。それは昇進や役職が付く事があまりないという事です。

一般職であれば年数を経て経験を積んでいくと役職が付くケースは多いです。主任や課長、部長などの役職が付くと、昇給やより責任があるけれどやりがいのある仕事も任されるようになります。

保健師の場合は年数を経ていくと、その職場に一人だけでの勤務の場合は昇進はありません。昇給は年数が経つ毎に会社や職場の規定によって昇給される所は多いですが、マネジメント業務に携われる事がないのはデメリットであると言えます。

学校保健師なども、各学校に保健師は一人の場合がほとんどなので、昇進の可能性としてはかなり低いです。逆にマネジメント業務ができる可能性があるのは企業で働く産業保健師の中でも数名体制で保健師が配置されている職場、もしくは行政保健師です。

複数人の保健師が勤務している企業内では、その取りまとめ、管理を行う人材が必要になるため、管理職的な立場に昇進できる可能性はあります。市や県の公務員として働く行政保健師も、役所の中で昇進があるため、役職などに興味のある方は行政保健師を目指すのが良いでしょう。

保健師は女性が多く活躍していますが、男性の保健師ももちろんいます。昇進したいと考えるのは男性が多いですが、男性の保健師は少ないため、チャンスはあると言えます。また、当たり前の話にはなりますが、昇進のチャンスがあるのと共に、日々の仕事をしっかりと頑張ってこなしていく事はとても大切です。

周りからも認められる仕事や成果を意識して取り組んでいれば、次のステージへの道はどんな仕事に就いていても見えてくる事は多いです。昇進すると保健師としての仕事だけでなく、マネジメント業務も合わせて増える事になります。それに備えて、しっかりと実力を付けていきましょう。

保健師の国家試験に落ちてしまったら

保健師になるには国家試験に合格する必要があります。国家試験はしっかり勉強していないと難しい内容で、不合格になってしまう方もやはりいます。大学卒業の際に試験に落ちてしまうと、就職が一旦できなくなるので、勉強して再度資格を取るという形になります。

就職が決まっていても、資格がないので雇う事ができず、内定を取り消しという事になります。そういった場合、パートやアルバイトなどで仕事をしながら、勉強をするという方もいます。

勉強をしっかりしながら、収入を得ていくにはどちらの形態が良いのかと悩む方もいますが、パートだと時間が固定されるため、勉強に支障が出てくる可能性もあります。そのため、お勧めとしてはアルバイトや単発のアルバイトがお勧めです。

こういった仕事だと自分の都合に合わせやすいため、勉強の合間に仕事をするという事が可能です。1日単位で仕事ができるので、ちょっとしたスキマ時間も活用できるようになります。また、他の選択肢として、派遣会社に登録して、資格がなくても未経験でできる保健師の仕事をするという事もできます。

看護師免許を持っていれば、健康診断の仕事や、看護の学生ならできる訪問介護の入浴などは資格が無くてもできるので、活用すると実務経験にもなって良いでしょう。意外と保健師の資格がなくてもできる仕事というのは多くあります。どうせやるなら、今後の仕事のプラスになった方が良いので活用できるものは活用しましょう。

公務員試験、国家試験対策はとても大切なので、しっかりと勉強する事をできるだけ優先する事をお勧めします。1年間で決められるよう、なるべく集中して。だらだらとやるのは禁物です。

またアルバイトだとフリーターという形になりますが、就職の際にマイナスに見られないよう、しっかりと自分が頑張っていた事を伝えるようにしましょう。しっかり話せば、相手もきっと分かってくれるはずです。大変な時期ですが、今後の未来のために頑張ってくださいね。

↑ PAGE TOP