出産経験のない助産師は就職・転職に不利?

出産経験のない助産師は就職・転職に不利?

助産師といえば、お産に関わる仕事でもあります。 そのため、自身に出産経験がないと信頼されないのでは…という不安を抱えている方もいるかもしれません。 実際にこのあたりはどうなのでしょうか。
助産師、ブランクがあっても転職できる?

当然の事ではありますが、助産師として働いているすべての女性に出産経験があるというわけではありません。 自身も出産をし、経験を積んだベテラン看助産師もいれば、まだまだ社会に出てきたばかりの新人助産師もいますよね。

ただ、出産経験のない女性の場合、妊婦さんが悩んでいる内容や辛さがよくわからず、万全のサポートができないのではないかと心配になってしまうこともあるでしょう。 妊婦さんの中には、出産経験のある助産師任サポートをお願いしたいということで、出産経験のない助産師を担当にするのはやめて欲しいとお願いする方もいるようです。

ただ、出産経験のない助産師だったとしても、妊婦さんの気持ちに寄り添い、やさしい言葉をかけてあげることはできますよね。

妊婦さんの中でも特に初産という場合にはかなりの不安を抱えています。 ベテランの助産師でなければやさしい言葉をかけられないというわけではないため、精神的なサポートに力を入れていきましょう。

また、ベテランの助産師であるからこそ出産というものに慣れてしまい、細やかなサポートができなくなってしまう方もいるようです。

確かに出産経験のある助産師であれば優遇されるところもあるかもしれませんが、出産経験がないからということが理由で転職の際に採用を断られるようなことはほとんどないといえるでしょう。

確かに自身も出産をしたベテラン助産所はたくさんの経験を積んできていますが、助産師が働く職場ではそれだけが大事なポイントになるわけではありません。

例え自身に出産経験がなかったとしても助産師として活躍している人はたくさんいるので、自分にはなにができるのか、どういったサポートが求められているのかということをよく考え、妊婦さんを支えてあげましょう。

薬剤師求人│管理薬剤師とは何をする人なのか?

管理薬剤師になれば手当もつきますから年収アップも期待できます。経済的な面のみならずキャリアップやモチベーションアップとして管理薬剤師を目指すことはおすすめしたいです。管理薬剤師を経験しておけば転職する場合にも有利です。

ここでは、管理薬剤師の業務内容と兼務の可否について説明しましょう。まずは業務内容ですが、管理薬剤師は管理的立場にあり、薬の「製造・販売・取り扱い」に責務を持ちます。

「製薬企業」「医薬品卸業」「ドラッグストア」「調剤薬局」「病院保険薬局」などで医薬品に関連するところには管理薬剤師を設置して医薬品を適切に管理することが薬事法によって規定されています。薬事全体を薬剤師の立場からマネジメントする専門家なのです。

管理薬剤師の業務内容を列記しておきましょう。
(1)薬局管理帳簿の管理と記載
(2)物品と医薬品の品質管理と販売管理
(3)医薬品回収の対応
(4)劇薬保管業務
(5)市販薬調査などの薬事管理
(6)DI(Drug Information)管理
(7)伝票整理
(8)薬事法のガイドラインに準じたファイリング
(9)購買の最終責任者としてのマネジメント
(10)薬剤師やスタッフの勤怠管理
(11)守秘義務などの管理業務……。
とても幅広いのがご理解いただけるでしょう。

薬事法第7条によりますと、「その薬局以外で薬事に関する実務をしてはいけない」とし、「非常勤の学校薬剤師」「急患センター」で管理薬剤師の仕事をする場合は都道府県知事の許可が必要であるとしています。管理薬剤師の兼業を禁止しています。特例措置があることを定めています。

管理薬剤師の役割と責任は「医薬品」「薬事」「他の薬剤師の監視」「マネジメント」――医薬品を取り扱っている場所の全体に及びます。物理的に考えて複数箇所を兼務するのは現実的ではありません。

兼務を禁止されているということは、新規開設する薬局があれば管理薬剤師が必要になるということです。管理薬剤師には固定のニーズがあると言えます。

特別な資格が必要なわけでも国家試験を受けることもありません。薬剤師ならば管理薬剤師になれる条件が整っています。薬に関しての知識のみならず、職場に応じた業務・知識・スキル・テクニックを必要とされます。管理者としての資質があるのかが問われるポジションです。

管理薬剤師がこなさなければならない具体的な業務

管理薬剤師になれば本来の薬剤師業務だけをこなしているだけでは失格です。仕事の範囲は広がりますし責任を持った仕事をしなければなりません。その見返りとして「やりがい」「充実感や達成感を得られる」「管理者手当」が手に入るでしょう。

薬剤師が次の目標やモチベーションアップとして「管理薬剤」を目指すことは当然なのかもしれません。ここでは、管理薬剤師がこなさなければならない具体的な業務を紹介しましょう。薬剤師国家資格があれば管理薬剤師にはなれます。

管理薬剤師は「管理者の側面」と「薬剤師の側面」の二つの側面を持っている薬剤師と位置づけられるでしょう。薬の深い知識を持っているのは当然で、それにプラスアルファとして薬剤師や事務スタッフなどのマネジメントにも関わってきます。

管理薬剤師としての資質は、(1)管理者としての人間性(2)医療人としての高い倫理観が望まれます。管理薬剤師の業務は「品質管理」と「管理確認業務」「マネジメント」になるでしょう。

品質管理では医薬品の保管期間のチェックがあります。管理確認業務では、薬剤管理帳簿の作成や薬情チェックがあります。マネジメントは医薬品を取り扱っている作業スタッフの監視などです。

業務内容な勤務先によって異なりますので代表的な例をご紹介します。

1番目は「製薬会社」や「医薬品棚卸業」の場合です。
(1)監督官庁への対応業務・許認可申請の届出などの行政対応業務
(2)医薬品の在庫管理・使用期限管理をする在庫管理業務
(3)医薬品の情報管理・問合せに対応するDI(Drug Informationの略称)
(4)MRへの勉強会や指導
(5)帳票類の作成やファイリングがあります。

2番目は「企業に勤務する管理薬剤師」の場合です。
「薬剤師法」「薬事法」に関しての法的知識が必要です。「医薬品の安全情報」「医薬品の品質情報」を参照しての確認作業があります。「情報管理」のデスクワークも少なくありません。

3番目は「ドラッグストア」「薬店」など医薬品販売店です。
「服薬指導」や「お薬相談」は基本的にあります。それ以外に薬剤師本来の業務以外の仕事も多いです。

(1)スタッフの勤怠管理
(2)医薬品を含めた販売商品のディスプレイ
(3)棚卸
(4)品質・供給・発注などの商品在庫管理
(5)顧客対応
(6)売れ行き商品の開発・発掘
(7)POP広告の作成……。
販売促進も管理薬剤師の大切な業務のひとつです。

助産師の仕事内容詳細

助産師といえばお産に関する仕事だということは理解しているものの、具体的な仕事内容についてはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。 昔は産婆さんとも呼ばれていたのですが、現在では助産師と呼ばれています。

助産師の仕事内容は多岐に渡り、新生児の保健指導も大切な仕事です。 保健指導と言われてもピンとこない方もいるかもしれませんが、母乳指導、乳児指導、体調管理、運動の指導、食事指導、その他健康管理など、担当しなければならないことはたくさんあります。

また、どうしても妊婦さんを相手にした仕事だと思われがちですが、産前教育も仕事内容となるため、親になる、またはなりたいと思っている女性に対して知識を深めるお手伝いをするというのも重要な役割です。

助産師という職業は女性しかなることができません。 これは、女性にとって非常に近い立場で支えていくことが求められる職業だからでしょう。 看護師や保健師といった職業は男性でも資格を取得することができますが、女性しかできない仕事を探しているという方からも助産師は人気があります。

女性を支えられる職業に就きたいと思っている方からすれば、とても最適な仕事だと言えるかもしれませんね。

それから、助産師という職業は独立も可能です。 助産所を開業して活躍している助産師もたくさんいるので、将来的に開業を夢見て経験を積んでみてはどうでしょうか。

ただ、助産師資格を持っていたとしても正常分娩しか行うことができないため、医療行為が必要となる分娩になった際には速やかに病院へ移送するなどの対応が求められます。

また、助産師の活躍の場は助産所だけではありません。 多くの助産師は病院に就職しており、次に多いのが診療所、そして助産所と続いているので、自分に合った職場をよく考えて選ぶことが大切です。

新しい命の誕生に関わる仕事ということもあり、責任は非常に大きい仕事だと言えるでしょう。 ですが、それ以上にやりがいも大きいので、責任とやりがいを感じられる仕事に就きたいという方にもおすすめです。

↑ PAGE TOP